寝具のQ&A 知ってましたか?

「丸洗い」について

寝具は毎日少しずつ汗を吸うことで、皮脂や汚れを蓄積していきます。例えばYシャツ。襟の部分には、汗や汚れが付着しやすく長く使うと擦り切れてきますが、洗うことで汗を洗い流して長持ちします。寝具も同じです。しかし、寝具は服と違って中に綿や羽毛などの素材が入っていますので、家で洗えても乾燥させるのが困難なものもあります。
 コインランドリーでの丸洗いは避けたほうが良いです。まず洗浄ですが、機械は基本的にドラム式洗濯機のように中の寝具は持ち上げられ落とされるため、寝具の中身が寄ってしまうことがあります。さらに中の繊維が傷むと元に戻りません。また乾燥ですが、コインランドリーの乾燥機では、中をしっかり乾燥させることができません。表面が乾いていても中に湿気が残りやすいので、もしコインランドリーを使いようでしたら、必ず家に持ち帰って干して、しっかり中まで乾燥させるようにして下さい。自己責任で保証が無いため、洗ってだめになったという話もよく聞きます。できるだけ寝具専門のクリーニング業者に出すか、ちゃんと丸洗いしてくれる寝具店に出してください。
 

「干す」について

使っていると、寝具は汗を吸って湿気を含みます。
使っていない時に干してあげた方が、寝具の湿気を早く減らして除菌作用にもなります。綿素材だと頻繁に、羽毛だと1〜2ヶ月に1回ほどは干して下さい。
 生地は濡れていない状態で直射日光を長時間浴びると傷みやすいため、天日干しをする場合は、カバーのままや何か別の生地を上に掛けて干して下さい。軒下だとそのままでも大丈夫です。濡れている場合はなるべく早く乾かした方が良いので、天日干しで物干し竿を2本使用し、間に空気の流れをつくって下さい。乾いてきたら、傷みやすくなるので直射日光は避けて下さい。
 またふとん叩きなどで叩いている人をたまに見ますが、綿や羽毛を強く叩いてしまうと繊維がちぎれる恐れがあります。なでて表面のホコリをとるように優しく行って下さい。
 

 

「収納」について

季節寝具を収納する場合は、必ず干してなるべく通気性の良いものに入れて収納して下さい。湿気がこもった状態で密封してしまうと、カビや臭いの原因になります。もちろん毛布やパジャマなど身体に近いものは洗って下さい。
 

 

「ふとん圧縮袋」について

ふとん用の圧縮袋が販売されています。しかし、寝具は服と違って中身があるもので、長時間圧縮されると元のカサに戻りにくくなります。綿は早くヘタってしまったり、羽毛は毛がちぎれると再生できませんので、もし使う場合は形がつぶれない程度や、高さのあるものなら2/3くらいで止めて下さい。とても便利なのはわかりますが、寝具にはおすすめできません。

 

「除菌消臭スプレー」について

「○○で洗おう」と、あたかも洗えているような表現で販売されている除菌スプレーもありますが、あれはただ除菌しているだけで汚れは取れていません。パンツに除菌スプレーして使い続けられますか?私は無理です…そのため洗えるものはスプレーに頼らず、水洗いすることをおすすめします。汚れがとれ除菌もされます。
 そして除菌スプレーを生地に多様すると、生地が傷みやすくなります。以前、服をクリーニングに出した際に、クリーニング屋さんから「除菌スプレーは破れやすくなるので使わないで下さい」と言われたことがあります。自然由来と言っていますが、100%そうなのでしょうか?疑問です。そのため私の個人的な意見ですが、顔につける枕やソファーにも使わない方が良いのではないかと考えています。

 

「綿ふとんの打ち直し」「羽毛ふとんのリフォーム」について

昔ながらの綿ふとんですが、最近は掛だと羽毛ふとん、敷だとスプリングマットレスや化繊のマット系敷ふとんに圧倒され、だんだん数が減っています。でも、綿ふとんの良い部分もありますし、質や良ければ、打ち直しをして新しいふとんに仕立てることもできます。
 羽毛ふとんいついても同じです。元々の羽毛の成長具合、羽毛の固まり具合、ちぎれ具合によっては、羽毛を洗い新しい生地にいれてリフォームすることができます。ふとんのにしなかでは、羽毛を取り出して状態を診断しますので、気になる羽毛ふとんがあればご相談ください。写真は洗った状態の羽毛です。