シルク掛ふとん

 

ちょっと違います
手引きでない、仕立てたシルク掛ふとん

 
 一般的に多いシルク掛ふとんは手引き真綿といわれるものです。真綿をひっぱって広げていき、それを重ねていきます。でもこの真綿掛ふとんはちょっと違います。真綿を綿わたのように生地に打ち直し、それを重ねたり切ったりしながら形を形成していきます。
こうすることにより、手引き真綿より切れにくく強いふとんに仕上がります。そのため、なんと家で手洗いをすることができます。
 綿わたよりも軽くて暖かく、わたの風合いが好きな方にオススメです。
 側をシルク生地にすると弱いため、生地は柔らかい綿100%です。
 
 シルク冬掛ふとん 108,000円(税込)など