確かな知識で
より良い睡眠を。

カテゴリー

 

   

商品情報

【 店長の手作り本麻敷パット 】

聞いたことありますか?

寝具店店主ハンドメイドの本麻敷パット。

素材は既製品にあるような薬品などの加工は一切していません。染めていない麻の生地に麻わたをハンドメイドで仕立て、それを機械でキルトしただけです。そんな純粋な麻100%の敷パットです。そして麻綿は国内で品質No.1と言われるマセルラミーを使っているにも関わらず、市場では低価格(適正価格)を実現しました。

めちゃくちゃ背中が涼しく感じますが、いま(4月に)使ったらさすがに寒い…

夏が楽しみです!

 

通常、麻パットを作る際に、まず中に入れる麻綿の量を考えます。そもそも麻はシャリ感があり通気性が良く、熱をこもらせないため夏に好まれます。しかし素材としての麻は、濡れていると強いのですがスレには弱く、さらに汗の油脂分をたくさん吸うと傷みが早くなります。そのため洗った方が強く長持ちするのです。

それもあり麻綿の量を300〜400g程度に少なくして、洗いやすく扱いやすさを考えているものが多い傾向にあります。でも私が作る麻パットは、麻綿が1,200gも入っています。量があって厚いと、家で洗いにくくはなります。でもその分強度がつき、しっかりと汗を吸ってくれます。そもそも薄くて洗いやすいものを作るため、最終段階で強度を作る樹脂スプレーをかけているものもあります。そうなると麻が本来持つ吸湿性を落としてしまい本末転倒です。

扱いやすさをとるか、根本的な寝心地をとるか。私は後者をとりました。

 

 

 

このハンドメイドの本麻敷パットは、今年から夏寝具のラインナップに入ります。枚数は仕入れた麻綿と生地の量によるため、数量限定で予約受付中です。

サイズは2種類のみ。

(ハーフ)100×100cm

(レギュラー)100×200cm

 

でも見た目はごめんなさい(笑)

 

#これぞ本物 #本麻敷パット #手作り #ハンドメイド #オリジナル

#麻100% #ふとんのにしなか #和歌山市

2021年4月24日